ベランダでの太陽光発電をやめた理由 やめたあとの各設備の売れた値段など

スポンサードリンク

f:id:s1989:20190518144917j:plain
こんにちは。

以前、こちらの記事でベランダに太陽光発電を設置したと紹介しましたが、訳あって太陽光発電をやめることになったので紹介します。

www.heburushu.com

やめた理由

予想以上にバッテリーの持ちが悪かった

前の記事でも書いていたのですが、発電量が少ないのと、バッテリーの容量がそんなに多くないのとで、夜10時ぐらいには電源が切れる状態でした。

バッテリーの電源が切れてから、コンセントを差し替えればいいのですが、面倒なのでそもそもバッテリーから電源を取らなくなりました。

なにか日中だけ電気を使って、夜は電気を使わないような家電があれば、使い道がありそうですが、我が家ではほとんど使わなくなってしまいました。

また、夏になればもう少し発電量が増えるだろうと思っていましたが、予想に反してあまり発電量が上がりませんでした。

何故かと言うと、夏になると太陽高度が高くなり、ベランダに差し込む太陽光の角度がきつくなり、夕方の早い時間になるとほとんど太陽光パネルに日光が当たらなくなってしまったからです。

そのため、発電量が上がらず、バッテリーへの充電量もそこまで増えませんでした。

これはかなり想定外でしたが、大きな問題でした。

ベランダが狭く他にものを置きたいので邪魔になった

最近はベランダ菜園に熱が入っていて、プランターをどんどん増やしたいので、太陽光発電設備が邪魔になってきました。

各設備の売れた値段

自分の中で太陽光発電はもういいかな。と思ったのでベランダに太陽光発電設備を置くのはやめることにしました。

ただ、いろいろ買った道具は捨てるのはもったいないので、売ることにしました。

実際に売れた大体の金額はコチラの表のとおりです。

f:id:s1989:20190518143748p:plain

購入金額が5万円程度に対して、売れた金額は2.5万円程度です。

アマゾンのマーケットプレイスで売りました。

ほとんどの商品をアマゾンで購入しているので、売るときもアマゾンの中古出品で売れるので便利です。

売る際に面倒だったのは、

①ソーラーパネルは大きいので、配送するのが大変でした。

②バッテリーは扱いに注意しないと液漏れや火災などの危険性があるので、配送してくれる業者があまりありませんでした。佐川の飛脚便に問い合わせをしたら、配送可能とのことなので、無事配送することが出来ました。

③ソーラーパネルや、バッテリーなど重かったり大きかったりするものは、配送料が高くなり売れた金額に対して、送料の割合が大きくなってしまいます。

まとめ

結局あまり発電がうまくいかなかった、ベランダでの太陽光発電ですが、趣味としてはなかなか楽しかったです。

日々の発電量をモニタリングして今日は結構発電できているなとか、バッテリーの容量を調べてホームセンターでケーブルを購入してソーラーパネルとつないだりする作業は、いい経験になりました。

最終的に2万円ぐらい無駄にしてしまった感じはありますが、趣味に使ったと思えばそこまで後悔はしていません。

みなさんももし興味があれば、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?失敗しても売ることはできるはずなので、なかなか楽しいと思います。

また、この太陽光発電が、ベランダではなくて一軒家の広い庭等でできていればもう少し違った結果になったかもしれません。いつか広い庭付きの家に引っ越したときは、もう一度太陽光発電に挑戦してみるのもありかもしれません。

 

今日はここまでです。

最後まで読んでくれてありがとうございました。